logo16.jpg



目次
1・交通事故で健康保険は使えるの?

2・無料メールセミナーのお知らせ

3・究極の交通事故損害賠償請求方法とは?

4・交通事故損害賠償に関する情報を集めてみました!

5・あなたは保険会社の言いなりになるつもりですか?

6・無料メール相談実施中!



situmonbana.jpg



交通事故に関する用語集1

交通事故に関する用語集をご紹介しますね。


■人身事故とは?

人身事故とは、運転中にて交通事故を起こし、
その事故が相手に対して被害を負わせた時
の事故を言います。


治療・通院を要する怪我をさせた時など

人的被害を起こさない物損事故、
自損事故は人身事故とは言いません。

一般的にに刑事処分及び行政処分にて
事故として記録されるのは人身事故であり、
物損事故などでは 行政処分上事故扱いとはなりません。

ただし、事故としての記録は残ります。

ちなみに、『無事故無違反』の無事故とは
人身事故がゼロという意味です。


■人身事故の罰金(反則金)について

人身事故を起こすと3つの責任を負う義務があります。

・懲役や禁固刑及び罰金刑などの刑事処分

・交通違反と同様に免許証に対して
 累積点数に対して効力の停止・取り消しが行われる行政処分

・被害者に対する損害保証を行う民事処分

事故の度合いによって減点や罰則の基準が異なります。

危険致死罪の適用、運転者に過失による結果の場合は
業務上過失致死罪等があります。

比較的軽微な事故と検察官が判断した場合は、
略式裁判による提起が斡旋されます。

後日簡易裁判所から判決文が送付された書面が
特別送達により送付されます。

ちなみに、罰金の支払い方法は振込みで一括払いです。

人身事故に関する刑事処分の目安・相場
※起訴猶予中は除く

●治療期間15日未満の軽傷事故又は建造物損壊に係る交通事故

点数2点

罰金 12万〜15万

●治療期間15日未満の軽傷事故又は建造物損壊に係る交通事故

点数3点

罰金 20万〜30万

●治療期間15日以上30日未満の軽傷事故

点数4点

罰金 15万〜20万

●治療期間15日以上30日未満の軽傷事故

点数6点

罰金 20万〜50万

●治療期間30日以上3ヶ月未満の重傷事故

点数9点

罰金 30万〜50万

●治療期間3月以上の重傷事故、又は特定の後遺障害が伴う事故

点数13点

罰金 50万 及び懲役刑・禁固刑

●死亡事故

点数20点

罰金 なし

懲役刑(5年以下)禁固刑

※人身事故を起こし起訴された場合における参考額です。
 
 従って事故を起こしても事故の内容により
 起訴猶予となる場合もあれば起訴されても
 上記の金額以外の判決が下される場合もあります。

※酒酔い及び酒気帯び運転中における人身事故の場合は
 刑事処分の中でも限りなく重い罪が科せられます。

※合計が点数が6点以上になれば免許停止になります。

■物損事故とは?

物損事故とは、人間の人体に損害が生じなかった
事故を言います。

建造物や積載荷物・手荷物もここに含まれます。

交通事故で壊れた物・損害に対して支払われますので、
持っていて壊れた物は 全て保険会社に請求してみましょう。

一般に、物損の慰謝料は認められていません。


■交通事故の慰謝料とは?

慰謝料とは、交通事故の被害者になることへの
心の負担や苦痛を精神的苦痛の損害ととらえ、
それを金銭によって癒す賠償金のことを言います。

慰謝料の請求が認められるものは傷害慰謝料・死亡慰謝料
後遺症慰謝料に限られます。

物損事故について車が壊れた程度の事故で慰謝料を請求しても、
現状ではまず認められないでしょう。


交通事故関する用語集2へ続く>>>

交通事故に関する用語集2


交通事故関する用語集をご紹介します。

■交通事故の相談

はじめて交通事故にあった場合は相談しましょう。

交通事故の処理に必要な知識、情報は法律から
医療までとても多く複雑です。

トラブルが大きくなる前にわからないことは
弁護士や医師になんでも相談するようにしましょう。

お金がかからない『無料相談』のサイト(窓口)があります。

相談員に電話で問い合わせて見て下さい。

ただし、各窓口での『解答』が正しいかどうかは
自分で見極め、自分で決定してください。


日弁連交通事故相談センター

現在、北海道、札幌、秋田、新潟、群馬、東京、埼玉、
神奈川、横浜、茨城、千葉、愛知、名古屋、三重、大阪、
兵庫、京都、奈良、岡山、広島、徳島、鳥取、米子、倉敷、
福岡、熊本、沖縄など全国140ケ所に設置されており、
弁護士による交通事故に関する相談や示談の斡旋
を無料で行ってくれます。


交通事故紛争処理センター

保険会社が提示してきた保険金額に納得できない時や、
トラブルが生じたときはこちらに相談して下さい。

日本損害保険協会

自賠責保険や任意保険について、また保険金の請求に
関してわからないことはこちらに相談して下さい。

各地に窓口があります。

ジコナビ

交通事故による医療相談が無料で行えます。

相談する場合は事前に電話予約が必要です。


■示談とは?

事故による損害などについて加害者と被害者の双方が
話し合い、合意して民事的紛争を解決すること言います。

加害者と被害者が示談するということは、
損害賠償金の問題を解決するということになります。

これは、民法上の和解契約に該当する法律行為とされています。

現実的にいうと、損害賠償額を決めることです。

示談がいったん成立すると、法的効力を生じ、
たとえ後から示談したことと違った確定的な証拠が
出てきたとしても、もはや示談が成立した以上、
錯誤・詐欺、強迫など意思表示の瑕疵が認められない限り、
その効力をくつがえすことはできないので注意して下さい。

もし話し合っても、加害者と被害者双方がどうしても
納得できない場合は、民事裁判で訴訟を起こすことも可能です。


■示談交渉とは?

示談交渉とは、損害賠償の金額を話し合いに
より決めること言います。

交通事故による損害は、最終的にはお金で
解決することになります。


■示談書とは?

示談書を作成するのには、後日に「言ったvs言わない」
のトラブルを避ける目的があります。

示談に関しては、当事者間に合意があれば
口頭での約束でも成立し、本来は書面の作成は不要なのです。

従って、合意をしたことを認めていれば、
書面の作成がなされていないからと 
示談が無効だと言うことは出来ません。


■交通事故の示談書の書き方

示談書の形式や書式、様式は自由ですが、示談書作成の
ポイントを抑えて作成しましょう。

でないと、せっかく示談交渉で話し合ったことも水の泡、
ということになってしまいます。

詳しい示談書の書き方はこちら

サンプルや雛形、見本、フォームが紹介されています。

■示談金とは?

示談金とは、事故の当事者間で自由に決めて
支払うお金の事です。

交通事故の場合、示談で済ます事も多くあり、
示談金の場合は、その額を決める際、法的な
金額の相場や計算方法に基づかなくても
当事者双方で納得すれば問題ありません。


交通事故に関する用語集3へ続く>>>

交通事故に関する用語集3

交通事故に関する用語集をご紹介します。


■交通事故の被害者請求とは?

自賠責保険の請求は、加害者が賠償金を被害者に
支払った後に請求する加害者請求と被害者が直接保険会社に
請求する被害者請求とがあります。

この請求は、示談が成立していることが原則ですが、
損害額が自賠責保険で決められてる保険金額を超えること
が予想される場合には、被害者請求すれば支払ってもらえます。

多くのケースは、加害者側の任意保険会社が
「一括払い」という方法で被害者に賠償金を支払い、
保険会社が加害者に代わって自賠責分を回収します。

■被害者請求の費用(自賠責保険)

治療継続中のため、総損害額が確定しない場合であっても、
すでに支払った費用が、10万円を超えたときに、
10万円単位で請求できる内払いの制度があります。

これは、被害者加害者双方から請求できます。

加害者が損害の支払いに応じない場合には、
被害者の救済を受けることはできません。

治療費や入院費用にも困っている場合に、
示談成立前でも保険金の支払いに応じてくれるのが
『仮渡金』の制度です。

死亡事故の場合には290万円、障害事故の場合には
障害の程度によって、40万円、20万円、5万円の三段階があります。


■被害者請求の費用(任意保険)

自家用自動車総合保険(SAP)の加入者で
次の1つの要件をクリアした場合被害者請求ができます。

●被害者と加害者(被保険者)との間で損害賠償に
 ついて判決が確定した、または裁判上の和解あるいは
 調停が成立した場合。

●被害者と加害者との間で示談が成立し書面にされた場合。

●保険会社の支払いを受けた場合に、それ以上の請求を
 しないという趣旨で書面を出す場合。

●加害者が破産または行方不明のとき。

●損害賠償の額が保険金の限度額を超えることが明らかな場合。

もちろん、支払われる保険金は支払い限度額の範囲内です。


■交通事故による損害賠償とは?

損害賠償の原則は、(積極損害+消極損害+慰謝料)×過失割合になります。

損害賠償には財産的損害と精神的損害があります。

財産的損害とは、積極損害(財布から出ていったお金)と
消極損害(儲けそこなった金額)のことをいい、
精神的損害とは、慰謝料のことをいいます。


■損害賠償請求額の違い

交通事故被害者だけで交渉に臨んだ場合と、
専門家に相談した場合では請求額が大きく違ってきます。


■損害賠償額の算定基準額

交通事故の損害賠償金を計算する場合、
その損害額の計算の出し方として3つの査定基準があります。

@ 自賠責保険基準

A 保険会社基準

B 裁判所基準(弁護士会基準)

損害賠償の補償額については 、自賠責保険基準が最も安く、
裁判所基準が最も高くなります。

示談がどの基準で適用されるかによって、
被害者の受け取れる損害賠償額が全く違ってきます。

被害者としては、当然ながら裁判所基準で損害賠償額
を算定して請求していくことになります。

逆に相手方としてはできるだけ支出を抑えたい
わけですから自賠責保険基準に近い金額で
示談を要求してきます。

被害者が損害賠償を多くもらう裏技的なものもあります。

詳しくは、このページのTOPを御覧下さい。


■交通事故損害賠償の時効

交通事故の損害賠償請求権は3年(民法724条)
の期間経過で 時効消滅し、20年(民法724条)
で除斥期間が終了します。

後遺症に関する請求権の時効は、損害保険料率算出機構
による等級認定時からではなく、病院で後遺症の診断を
受けたときから起算します。

判例・・・最高裁平成16年12月24日判決。

ちなみに、自賠責保険金請求権は2年で時効消滅します。

保険会社とういう企業は被害者が請求してくるまで
損害賠償を支払わないので注意が必要です。

交通事故に関する用語集4

人身事故の罰金について説明します。

交通事故の罰金の相場について説明します。

人身事故の罰金について説明します。

刑事処分と人身事故について説明します。

高障害と自賠責等級について説明します。

交通事故の損害賠償について説明します。

交通事故と損害賠償の被害者について説明します。

示談金とはなにかについて説明します。

業務上過失致死の示談金の相場について説明します。

交通事故の損害賠償請求の仕方について説明します。

損害賠償請求の仕方について説明します。

交通事故の慰謝料とはなにかについて説明します。

荷物事故の示談書について説明します。

交通事故の示談書の書き方について説明します。

交通事故の被害者請求について説明します。

交通事故の示談書の雛形について説明します。

人身事故の罰金について説明します。

慰謝料と示談金について説明します。

後遺障害とムチ打ちについて説明します。

交通事故と被害者請求について説明します。

損害賠償請求書について説明します。

人身事故の罰金について説明します。

むち打ちと後遺症認定の損害賠償請求について説明します。

交通事故被害者対応裏マニュアルについて説明します。

お金がもらえる交通事故の被害者について説明します。

人身事故&起訴猶予&刑事処分について説明します。

むち打ち・半年・示談金について説明します。

交通事故の治療費請求書作成について説明します。

交通事故の損害賠償請求書と保険屋について説明します。

起訴猶予刑事処分と人身事故について説明します。

"罰金の支払い方法" 酒気帯び運転について説明します。

交通事故の被害者になった場合について説明します。

事故すればどれだけ賠償請求できるかについて説明します。

民法における精神的損害とはについてについて説明します。

請求書面と物損事故について説明します。

起訴と人身事故について説明します。

交通事故の慰謝料の請求の仕方について説明します。

飲酒運転の罰金の支払い方について説明します。

交通事故の損害賠償請求の被害者について説明します。

交通事故で点数が消滅した場合について説明します。

交通事故の損害賠償請求について説明します。

行政処分と自損事故について説明します。

交通事故の示談金を自動計算できるサイトについて説明します。

罰金の支払い方法について説明します。

物損賠償請求書の雛形について説明します。

交通事故で自賠責の損害賠償請求の方法について説明します。

示談書の作成するにはどうすればいいのかについて説明します。

起訴期間と損害賠償について説明します。

交通事故の損害賠償請求明細書について説明します。

交通事故損害賠償請求マニュアルについて説明します。

建造物損壊に係る交通事故について説明します。

交通事故の示談金と慰謝料の違いについて説明します。

自損事故と人身事故の点数の違いについて説明します。

ムチ打ちで後遺症認定されたケースについて説明します。

自動車の物損事故で損害賠償請求できる保険の窓口相談を紹介します。

事故で被害した賠償請求の仕方について説明します。

軽傷交通事故と罰金について説明します。

生命保険に加入した場合交通事故の被害者でもらえないかについて説明します。

医療起訴と示談成立した罰金猶予について説明します。

交通事故の傷害事故の慰謝料の計算方法について説明します。

交通事故の裁判所基準(弁護士会基準)について説明します。

自賠責の請求の仕方と明細書について説明します。

ヒロシの無料冊子について説明します。

事故被害賠償請求について説明します。

休業損害と交通事故の自動計算について説明します。

事故損害請求の仕方について説明します。

北海道にいる弁護士で加害者の交通事故の示談金に対応しているところを紹介します。

交通事故の示談と頸椎捻挫について説明します。

精神被害と損害賠償請求について説明します。

禁固刑と人身事故の相場について説明します。

エクセルで医療費と交通事故について説明します。

交通事故の行政処分で特別送達と物損事故について説明します。

通院した場合の慰謝料を比較できる計算書.xlsについて説明します。

刑事処分と人身事故の相場について説明します。

人身事故被害者賠償の仕方とはについて説明します。

交通事故の支払いに応じない場合どうすればいいのかについて説明します。

軽傷と重傷についての保険用語を紹介します。

後遺症障害診断書と自動車賠償保険の用紙がダウンロードできるサイトを紹介します。

行政処分と特別送達の反則金を紹介します。

後遺症認定と労災について説明します。

後遺障害請求の仕方について説明します。

交通事故の慰謝料の請求の仕方について説明します。

交通事故の示談書見本を紹介します。

加害者になった場合の人身事故の裏技について説明します。

車の追突事故で被害者になった場合の保険の請求方法について説明します。

ジコナビについて説明します。

労災で仕事が出来ない期間の診断書について説明します。

3ヶ月目以降の休業損害と鞭打ちについて説明します。

交通違反の刑事処分と行政処分の違いについて説明します。

交通事故加害者の裁判上の和解書式について説明します。

人身事故の罰金と点数について説明します。

示談書とは何かについて説明します。

罰金の支払い方法について説明します。

交通事故損害賠償請求完全マニュアルのダウンロード方法について説明します。

交通事故でムチ打ちになった場合の判例について説明します。

交通事故で人身事故の場合の損害賠償算定について説明します。

懲役刑禁固刑及び罰金について説明します。

交通事故で人身事故の罰金について説明します。

交通事故で後遺症を認定してもらうにはどうすればいいのかについて説明します。

交通の罰金の支払い方法について説明します。

14級の自賠責の後遺障害診断書について説明します。

交通事故で被害者になった場合の損害賠償請求書の見本について説明します。

通院慰謝料比較計算書のxlsについて説明します。

示談と頸椎捻挫について説明します。

被害者請求の仕方について説明します。

"生命保険" と頸椎捻挫について説明します。

示談書の書き方と損壊について説明します。

30日未満の軽傷事故の罰金について説明します。

示談金を払ってもらえない時にどうすればいいのかについて説明します。

損害賠償の補償額について説明します。

物損の点数について説明します。

交通事故で壊れた場合について説明します。

損害賠償金自動計算について説明します。

特定の後遺障害が伴う事故について説明します。

示談金が非該当の場合について説明します。

起訴の刑事処分と人身事故について説明します。

ムチウチで治療打ち切りになった場合どうすればいいのかについて説明します。

自賠責被害者請求時効の無効について説明します。

後遺障害を認定してもらうには?どうすればいいのかについて説明します。

人身事故した場合の示談書の効力について説明します。

行政処分と人身事故の罰金について説明します。

人身事故の反則金について説明します。

後遺症認定の事故で青アザになった場合について説明します。

加害者が破産した場合について説明します。

加害者が破産した保険について説明します。

人身事故とは何かについて説明します。

起訴猶予と人身事故について説明します。

交通事故と損害賠償について説明します。

自損事故の点数について説明します。

後遺症認定と身障害認定の比較について説明します。

損害賠償請求書の書式について説明します。

人身事故で被害者になった場合の賠償請求の仕方について説明します。

人身事故と罰金20万について説明します。

交通事故の損害賠償しかたについて説明します。

交通事故でむち打ちになった場合の後遺障害申請の必要書類おしえてあげます。

事故で後から痛みがでた場合の保険会社の医療費負担について説明します。

交通事故紛争処理センターにて増額になったケースについて説明します。

加害者の後遺症保険について説明します。

交通安全で使える知識について説明します。

excelで交通事故の慰謝料の計算ができる方法について説明します。

後遺障害の申請の仕方について説明します。

交通事故の示談書の書き方について説明します。

後遺障害認定の示談後について説明します。

人身事故した場合の罰金の支払い方について説明します。

自賠責の後遺症診断の診断書について説明します。

被害者請求の仕方について説明します。

後日通院で労災が適応されるかについて説明します。

休業損害と交通事故について説明します。

示談後は健康保険が使えないかについて説明します。

交通事故の損害賠償請求の方法について説明します。

示談書書き方について説明します。

人身事故に関する刑事処分の相場について説明します。

示談金と労災事故について説明します。

交通事故の慰謝料の種類について説明します。

後遺障害認定請求の仕方について説明します。

地裁基準について説明します。

交通事故示談書記入内容の落とし穴について説明します。

略式起訴になった場合の罰金の支払方法について説明します。

交通事故で行方不明になった場合の損害賠償について説明します。

交通事故の示談要求できる見本について説明します。

相手の過失が9の場合どうなるかについて説明します。

交通事故で健康保険は使えるかについて説明します。

損害賠償の知識について説明します。

ムチ打ちと言われたらどうすればいいのかについて説明します。

ムチ打ちになった場合に新潟で相談できるところを紹介します。

人身事故の示談金について説明します。

交通事故の慰謝料の自動計算について説明します。

交通事故の損害賠償請求の仕方について説明します。

刑事処分と人身事故の罰金について説明します。

事故した場合の請求仕方について説明します。

交通事故の物損の損害賠償金額の相場について説明します。

事故した場合の損害賠償請求について説明します。

交通事故の慰謝料請求の仕方について説明します。

通勤中の事故で治療費に健康保険が使えるかについて説明します。

交通事故損害賠償請求について説明します。

刑事処分後に賠償請求できるかについて説明します。

後遺症損害賠償の時効について説明します。

高障害の自動車保険について説明します。

建造物損壊と交通事故の賠償金について説明します。

人身事故で軽傷の場合に自賠責の被害者請求できるかについて説明します。

損害賠償についていの簡易裁判のサンプルを紹介します。

交通事故損害請求の書式を紹介します。

自動車事故でむち打になった場合の賠償休業について説明します。

交通事故の損害賠償について説明します。

交通事故の慰謝料と示談金の違いについて説明します。

通勤中の事故で労災で損害したケースについて説明します。

人身事故の罰則について説明します。

民事における交通事故の請求期間について説明します。

交通事故の損害賠償請求のしかたについて説明します。

損害賠償請求明細書について説明します。

交通事故で死亡事故になって訴訟になった場合の損害賠償の書式について説明します。

後遺症の通院日数の認定について説明します。

人身事故の正式裁判について説明します。

事故扱いとは何かについて説明します。

事故で怪我した場合の慰謝料の種類について説明します。

労災事故の示談金について説明します。

交通事故の後遺症認定方法について説明します。

人身事故した場合の損害賠償請求書の雛形について説明します。

簡易裁判で罰金の支払い方法について説明します。

賠償の交通事故被害者の診断書費用について説明します。

自損事故の点数について説明します。

損害賠償請求の見本について説明します。

交通事故損害賠償請求の書式について説明します。

交通事故の損害請求について説明します。

交通事故損害賠償請求で訴訟費用額確定処分について説明します。

精神的損害賠償請求の書き方について説明します。

軽傷事故詐欺について説明します。

交通事故の示談金を自動計算してくれるサイトを紹介します。

損害賠償請求書について説明します。

事故した場合の損害賠償請求書について説明します。

示談金を自動計算してくれるサイトを紹介します。

人身事故の処分について説明します。

事故でムチ打ちになった場合の示談金について説明します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。