logo16.jpg



目次
1・交通事故で健康保険は使えるの?

2・無料メールセミナーのお知らせ

3・究極の交通事故損害賠償請求方法とは?

4・交通事故損害賠償に関する情報を集めてみました!

5・あなたは保険会社の言いなりになるつもりですか?

6・無料メール相談実施中!



situmonbana.jpg



交通事故に関する用語集1

交通事故に関する用語集をご紹介しますね。


■人身事故とは?

人身事故とは、運転中にて交通事故を起こし、
その事故が相手に対して被害を負わせた時
の事故を言います。


治療・通院を要する怪我をさせた時など

人的被害を起こさない物損事故、
自損事故は人身事故とは言いません。

一般的にに刑事処分及び行政処分にて
事故として記録されるのは人身事故であり、
物損事故などでは 行政処分上事故扱いとはなりません。

ただし、事故としての記録は残ります。

ちなみに、『無事故無違反』の無事故とは
人身事故がゼロという意味です。


■人身事故の罰金(反則金)について

人身事故を起こすと3つの責任を負う義務があります。

・懲役や禁固刑及び罰金刑などの刑事処分

・交通違反と同様に免許証に対して
 累積点数に対して効力の停止・取り消しが行われる行政処分

・被害者に対する損害保証を行う民事処分

事故の度合いによって減点や罰則の基準が異なります。

危険致死罪の適用、運転者に過失による結果の場合は
業務上過失致死罪等があります。

比較的軽微な事故と検察官が判断した場合は、
略式裁判による提起が斡旋されます。

後日簡易裁判所から判決文が送付された書面が
特別送達により送付されます。

ちなみに、罰金の支払い方法は振込みで一括払いです。

人身事故に関する刑事処分の目安・相場
※起訴猶予中は除く

●治療期間15日未満の軽傷事故又は建造物損壊に係る交通事故

点数2点

罰金 12万〜15万

●治療期間15日未満の軽傷事故又は建造物損壊に係る交通事故

点数3点

罰金 20万〜30万

●治療期間15日以上30日未満の軽傷事故

点数4点

罰金 15万〜20万

●治療期間15日以上30日未満の軽傷事故

点数6点

罰金 20万〜50万

●治療期間30日以上3ヶ月未満の重傷事故

点数9点

罰金 30万〜50万

●治療期間3月以上の重傷事故、又は特定の後遺障害が伴う事故

点数13点

罰金 50万 及び懲役刑・禁固刑

●死亡事故

点数20点

罰金 なし

懲役刑(5年以下)禁固刑

※人身事故を起こし起訴された場合における参考額です。
 
 従って事故を起こしても事故の内容により
 起訴猶予となる場合もあれば起訴されても
 上記の金額以外の判決が下される場合もあります。

※酒酔い及び酒気帯び運転中における人身事故の場合は
 刑事処分の中でも限りなく重い罪が科せられます。

※合計が点数が6点以上になれば免許停止になります。

■物損事故とは?

物損事故とは、人間の人体に損害が生じなかった
事故を言います。

建造物や積載荷物・手荷物もここに含まれます。

交通事故で壊れた物・損害に対して支払われますので、
持っていて壊れた物は 全て保険会社に請求してみましょう。

一般に、物損の慰謝料は認められていません。


■交通事故の慰謝料とは?

慰謝料とは、交通事故の被害者になることへの
心の負担や苦痛を精神的苦痛の損害ととらえ、
それを金銭によって癒す賠償金のことを言います。

慰謝料の請求が認められるものは傷害慰謝料・死亡慰謝料
後遺症慰謝料に限られます。

物損事故について車が壊れた程度の事故で慰謝料を請求しても、
現状ではまず認められないでしょう。


交通事故関する用語集2へ続く>>>
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87609365

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。